ETCを利用するには、ETCカードとETCカードリーダーを用意するだけで非常に簡単です

高速道路で車を停めずに支払いが出来るETCは、料金割引やマイレージポイントもありお得です。始め方は、ETCカードとETCカードリーダーを用意するだけと非常に簡単で、まずETCカードは、カードリーダーに入れて初めて料金所を素早く通る事が可能になるもので、精算は後払いになります。

カードの種類については大きく分けて2つ挙げられます。
1つめは、クレジットカード会社が発行するETCクレジットカード、もしくは専用カードです。

そして2つめは、NEXCO西日本など道路6会社から出ているETCパーソナルカードで、こちらはクレジットカードを持っていなくても入会出来るカードとなっています。
郵便貯金や銀行などの口座を持っている方で保証金を預託する事が条件となり、こちらのカードには法人向けも用意されています。

さて、こうしたカードを用意したらカードリーダーを車に取り付けます。
これは車の情報を料金所のアンテナと無線交信する機械で、カードリーダーには大きく分けて、カード挿入部とアンテナが一体型になっている物と、別々に分かれている物の2種類があります。

一体型はダッシュボードの上など通信の障害にならない場所に設置し、一方別々の物はカードの出し入れに問題がなければどこにでも置けるタイプです。
設置したら次はセットアップで、カードリーダーにETCを利用する車両情報を暗号化し書き込みます。セットアップが終わったら、ETCカードをETCカードリーダーに正しく入れればETCが利用できます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ETCカード

このページの先頭へ