ステータスとなるゴールドカードとプラチナカードについて

クレジットカードにはランク付けがあります。
これは購入額の制限が決められており、実績を積み重ねたり、年収が上がるごとにランク付けというのが上がっていきます。

ゴールドカードというのは、一般的に満30歳以上で、年収は500万円以上かつ5年以上の勤続経験を有するものに権利が与えられます。
ここで重要なのが勤続年数で、年収というのは自己申告の部分もあり、確実な証拠をとることができないものです。

そこで、勤続年数からカード会社が年収を割り出して計算をしています。
そして、更にランクが上のプラチナカードがありますが、こちらは利用可能額というのが300万から500万円に設定されており、高額決済をサポートしてくれるものです。

更には、この高額決済サポート以外にも、さまざまな特典が用意されていることが多く、これはカード会社によって異なりますが、高級なホテルやレストランなどの優待特典がある他、独自のコンセルジュというものを付けられるサービスというのもあります。

何かに困った際や出先でのホテル確保などを頼むことも可能になり、急な出張時でも対応してもらえるサービスです。
プラチナカードは、ゴールドカードでの実績を元にカード会社が招待制として招待をしてくれます。

このようなゴールドカードやプラチナカードというのは、持っているだけでも至高のステータスにもなりうるカードですので、持てる機会があれば持ってみるのも悪くはないと言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴールドカード

このページの先頭へ