ゴールドカード取得の条件は、三十歳以上で、安定した職をお持ちの方です

アメリカでは、個人としての信頼を確立させる為に、クレジットカードは無くてはならないものなのですが、日本では特にクレジットカードを持っていなくても、不便を感じる事はありません。

しかしながら、現金払いでは付かないポイントが、カード支払に変える事で、使用金額にあわせたポイントが貯まり、商品券や、ポイントに合った品物と交換する事が出来るのは、クレジットカードを利用する魅力ではないでしょうか。

また、カードには幾つかの種類が存在し、一般的なカードをクラシックカードと言います。
そして、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードと、その方の年収や使用履歴、財産により取得出来るカードも条件も異なってきます。
一般的に取得しやすく、ステイタスの高いカードしてはゴールドカードです。

一昔前でしたら、利用しているカード会社の再度の審査により、支払履歴に問題の無い方で、三十歳の誕生日を前にカード会社より招待状が届き、ワンランク上のカードとして取得する事が出来ました。
現在は三十歳以上で安定した職をお持ちの方でしたら、比較的審査が通りやすくなっています。

ゴールドカードの年間費は、ほぼ全ての会社で税抜き一万円と言ったところでしょう。
最近では色こそ同じカードで価格の手頃なカードがありますが、サービス内容はやはり劣ります。

仮に、優越感を味わう為だけにそのカードを取得するのでしたら問題ないのですが、もし頻繁に飛行機を利用し、空港ラウンジの使用も考慮した上でカード取得を考えている場合は、是非、年会費一万円のカードを取得する事をお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴールドカード

このページの先頭へ