20代でゴールドカードを持つ事は可能です

一昔前までは、ゴールドカードは発行条件が厳しく、一部の限られた富裕層の人にしか持てないクレジットカードでした。

これは、クレジットカード会社がカードのステータス性を維持するために、クレジットカードの発行条件(年収要件や資産要件等)を厳しく設定したり、高い年会費を設定していたためでした。

しかし、最近はこうした発行条件や年会費設定の緩和が進み、カード保有への敷居は下がってきており、10代や20代の若い人でもゴールドカードを保有する事が出来るようになってきています。

クレジットカード会社がクレジットカードの発行条件や年会費設定の緩和を進めたのは、他社との顧客獲得競争が厳しくなった事が背景として挙げられます。

この傾向を象徴するのが、年会費無料のゴールドカードの登場です。
一昔前までであれば、年会費無料のカードなど考えられませんでしたが、今では年会費無料のカードの方が多いくらいになってきています。

これは、一部のクレジットカード会社がゴールドクレジットカードの年会費を無料にして大量の顧客を獲得したために、他のクレジットカード会社も競争を勝ち抜くために、この動きに追随せざるを得なかったのです。

また、年収要件も大幅に引き下げられたため、現在では正規雇用で働いている人であれば、発行条件をクリアできるようになっています。
このようなカード発行条件の緩和や年会費無料化の動きを受け、10代や20代の若い人でもゴールドクレジットカードを持てるようになったのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴールドカード

このページの先頭へ