ゴールドカード選びで大切な還元率

ゴールドカードなどの上級カードを選ぶときに大切なチェックポイントとして、還元率が良いかどうかが問題になります。
この還元率とは、いくらポイント分として戻ってくるかということが大切な点です。

ゴールドカードは、一般のカードと比較して年会費が高く、ラウンジサービスなどの付帯サービスがあるにしても、割高に感じてしまうものです。

その割高感を埋めてくれるのがポイントによるバックで、このバックの方法には、現金などによるキャッシュバックの他に、電子マネーや航空マイルに移行したり、品物と交換などから選ぶことができます。

一般カードの場合、多くは100円に対して1円の1%の還元率が多く見られますが、ゴールドカードの場合は、この数に対して上乗せのボーナスポイントが付きます。
大きいカードで1%の上乗せや0.2%の上乗せもあります。

もう1つゴールドカードの場合は、高額利用者が多いということを見越して発行しているので、前年の利用実績に応じて翌年の率が決まる場合も多く見られます。
さらに、キャンペーンのときやお歳暮シーズンなどにお歳暮商品限定で率のアップなどを行っていることもあります。

また、会社によっては、支払方法を一括払いではなく、上限を決めて支払っていくリボ払いなどにするとアップするようなカードもあり、カード会社の情報を細かく確認しておきましょう。
メールマガジンやウェブの情報をチェックしておくことをお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴールドカード

このページの先頭へ