ゴールドカードは、入会の条件が次第に緩和され取得が容易になってきました

バブル景気の頃は、ゴールドカードを所有する事がお金持ちの条件の一つでした。
しかし、ゴールドのクレジットカードも次第に条件が緩和され、取得が容易になってきています。
現在では、クレジットカードのランクはゴールドが最上位でありません。

最上位にブラックがあり、その次にプラチナ、その次がゴールドで、続いてスタンダードクラスのカードになっています。
ブラックは幻のカードと言われ、プラチナも見たことがないという人も多く、ゴールドのようにカードの色が目立たない事もあり、ゴールドカードを提示した方が良いサービスを受ける事も珍しくありません。

また、ゴールド以上のクレジットカードのランクが存在することを知らない人もいます。
また、入会の条件が緩和されたゴールドカードですが、その入会条件は、一般的に年齢が30歳以上で年収が500万円以上、勤続年数が5年以上とされています。

この条件は相互に影響しているので、一つの条件が良くなると他の条件が緩和されます。
誰もが知っている一流の有名企業に就職した場合は、その企業の信用により年齢や勤続年数も緩和される可能性が高くなります。

また、年収が多くなると、年齢や勤続年数が少なくてもゴールドカードを付与される可能性が高くなり、次に会社の勤続年数が長くなると、年収が少なくてもゴールドカードを付与される可能性が高くなるのです。

ゴールドカード取得のためには、クレジットカード会社の信用を得ることが出来れば良いので、年収が少なければ、料金の滞納といった問題を起こさずに、クレジットカードで支払いできるものはクレジットカードで支払い続けることで、時間はかかりますがゴールドカードへ入会することができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴールドカード

このページの先頭へ