ゴールドカードよりもさらに上のプラチナカードとは

クレジットカードには、一般カードよりもひとつ上のステータスを持つゴールドカードと呼ばれるものが存在し、富裕層の象徴として憧れの的です。

しかし、近年ではその種類も増えて様々なものが存在するようになり、カード会社間での会員獲得競争も激しくなったことなどを受けて、カード発行基準が以前よりも下がりつつあります。
会員数も当初と比べて非常に増え、富裕層ではなくても会員になることが可能となり、ゴールドカードのステータス性は以前よりも低下してきています。

そこで、本当の富裕層向けに、ゴールドカードよりもさらにひとつ上のステータス性を持ち、さらに手厚いサービスを受けることができるカードとして、プラチナカードと呼ばれるものが発行されるようになりました。
プラチナカードは、下位のカードと比べて利用限度額が高くなっており、入会当初より300万円程度の利用が可能と言われています。

また、旅行保険の補償額も非常に高額な他、多くのカードには国内や海外の主要空港のラウンジ利用権が付帯しており、空港への手荷物無料宅配サービスがついているものも多く、高級ホテルやレンタカーの上級会員資格が付与されているなど、旅行関係のサービスが非常に充実しています。
そして、ショッピング保険や返品保証などのショッピング関連サービスも手厚いです。

まさに富裕層のための特別なカードと言える内容で、富裕層を中心としたカード会員の支持を得ています。
また、プラチナカードの多くはカード会社からの招待制となっており、カード会社に認められた特別な人だけが持つことができるというのが基本です。

その点も、真の富裕層向けに発行されるカードとしてプレミアム性を高めていると言え、カード会社からのプラチナランクへの招待は、かつてのゴールドランクのように一般庶民の憧れの的と言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴールドカード

このページの先頭へ