実質性を重視する人には三井住友VISAのゴールドカードがおすすめです

クレジットカードの中でも、一般のカードに比べて高い価値のサービスを受けることができるのがゴールドカードです。
各種チケットの手配をする会員専用デスク、セレブな空港ラウンジの無料利用、高額な保険補償額、無料医療相談など会員向けの特別サービスの提供があります。

日本ではアメリカン・エキスプレスが発行したのが最初で、その後を追うように各社が発行するようになりました。その名のとおりカードは金色で、ステイタスの高さを示しています。ゴールドカードを持つ動機として、その特典の豊富さと、人に自慢できることや人と違う優位性、カッコ良さなどを挙げる人が多くいます。

ステイタス性で選ぶなら一番のおすすめは、アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードです。年会費が1万円程度のものが多い中で27,300円という高さと、特典の豊富さに加えて最初に発行したという古い歴史がプレミアム感を生み出しています。
ワンランク上でも低価格のプラチナカードよりも、高い価値ある一枚と言われています。

国内のカード会社でおすすめなのは、人気ナンバーワンの三井住友VISAゴールドカードです。年会費は1万円ですが初年度は無料ですし、家族会員は1人目が無料で2人目からは1,000円と割安感があります。

利用金額の合計1,000円ごとに1ポイントが貯まり、素敵なアイテムやグルメと交換できたり、ポイント移行やキャッシュバックにも利用できます。
さらに、一般カードの2倍のボーナスポイントプレゼントがあり、ステイタス性より実質性を重視する人におすすめです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴールドカード

このページの先頭へ