ゴールドカードで代表的な2種類のカードを徹底比較すると、年会費や提供されるサービス、支払方法の違いがあります

クレジットカードを持つ時に誰しも憧れるのがゴールドカードで、持っているだけでステイタスシンボルとしての役割も果たしてくれます。
しかし、ゴールドカードを持つメリットはステイタスだけではなく、充実した会員サービスがあります。

ゴールドカードの内、人気のある2つのカードを徹底比較します。
まずは、おなじみの「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」で、カードの利用枠に一律の制限が設けられておらず、年会費は26,000円です。
通常のクレジットカードと違い、翌月一括払いの専用カードとなっています。

サービスとして付帯される海外旅行傷害保険は、最高で1億円の補償が付き、この保険は会員だけでなく生計をともにする同居の家族まで補償されます。
海外での日本語によるトラベルサポートや、出発時に手荷物無料宅配サービスなど、海外旅行へ行く人にはメリットの大きいカードであるのが特徴です。

「三井住友VISAゴールドカード」は、年会費が通常1万円ですが年会費の割引制度が充実しているので、明細書をWEB明細書にした上で、年間6回以上の請求があれば1,000円引となる他、年間利用額によってはこれ以外に最大半額になります。その2つの割引が最大限適用されれば、実質の年会費は4,000円まで引き下げられるのでお得です。

海外・国内旅行保険や年会費無料のETCカードの発行も行っており、通常の購読料が3,000円程の会員情報誌も無料で提供されます。
徹底比較すると、海外利用が多いならアメックス、年会費を安く抑えてリボ払いなどの利用も想定するなら三井住友VISAをお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴールドカード

このページの先頭へ