日本航空であるJALは他社との差別化をはかっています

日本航空(JAL)は日本を代表する航空会社であり、多くの路線網を持っています。
会社更生法を適用した時期もありましたが、その後会社を復活させ、再上場を果たしました。
この日本航空の最大のメリットは、幅広いネットワークです。

国内では、東京を中心に北は北海道から南は沖縄、石垣島までの路線網を持っています。
国際線では、北米や欧州の長距離線のほかに、数多くのアジア圏のネットワークを持っており、提携航空会社のネットワークも加えると、ほぼすべての大陸を網羅しています。

また、都市間を結ぶネットワークだけでなく、離島と結ぶ路線も多く持っていて、島の生活を支える役割も担っているのです。

JALのサービスは、世界的にも高い評価を受けており、国内線の機内では無料のドリンクサービスがあり、最近台頭してきている格安航空会社とは、一線を画して質の高いサービスを提供しています。

国際線では、長距離路線の全てのクラスにパーソナルモニターを完備しており、サービスも質の高いものを提供し続けています。

機内食などは有名シェフや企業などとのコラボレーション商品を打ち出して、他社との差別化も図られており、現在、新しいシートを積極的に導入して、さらなる快適性を追い求めたサービスを目指しているところです。

また、最新機材の導入にも積極的で、常に顧客にとってベストな環境を提供していこうと企業努力しており、日本を代表する企業として成長を続けています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:JALカード

このページの先頭へ