JALカードの審査はスコアリングシステムが採用されています

JALカードの審査の仕組みは、現在ではスコアリングシステムが採用されています。
スコアリングシステムとは、コンピューターで自動的に計算が行われて、客観的に判断ができるようになっているものです。
申し込みをする場合、まずは書類に必要事項を記入します。

住所や年齢、電話番号や勤務先の住所、他社からの借入の有無などを記入し、この内容がスコアリングの対象となって、各項目をコンピューターが自動で計算処理して、設定している基準よりスコアが高いか低いかが判断されていくのです。

スコアを上げるためには、勤続年数が3年以上で長く同じ会社に勤務していることが条件になります。
他には、アルバイトやパートや派遣などよりも、収入が安定していて信用が高い正社員で働いていることも大切です。

また、現在は他社からの借り入れがないことや、過去の借り入れ時に返済の遅れや滞納がないことも重要になります。
さらには、不動産を所有していることも重要で、自宅が持ち家で借り入れる人の名義人であることも条件になっています。

こうしたことを総合的に判断されて、スコアリングの得点が高いと限度額が高くなるのです。
なお申込み方法は、インターネットや郵送などでもでき、審査に通ればJALカードが発行されて、郵送されます。

JALカードは、利用すればするほどマイルが貯まる仕組みになっているので、お買い物や公共料金の支払い等にも使用すれば、効率良くマイルを貯めることが可能です。
旅行先でのトラブルが起きた場合でも、カード付帯保険機能が自動的に付いていますので安心なカードでもあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:JALカード

このページの先頭へ