JALカードを解約する場合、注意が必要です

JALカードを解約するには、まず、カード会員退会届を請求します。
退会届は、ホームページやカード会員専用24時間音声情報サービス、お客様サービスセンターから請求することが可能です
届きましたら、カード番号や名前、住所等を所定の欄に記入して返送します。

また、JALカードSuicaを利用している人は、手持ちのカードに一箇所ハサミで切り込みを入れて使用できないようにしてから併せて返送します。
この退会届の返送をもって、手続きが始まるのです。

カード有効期限が近付いている人は、有効期限内に解約が完了しないと、次回年会費の支払いが発生してしまうので注意が必要です。
有効期限が近付いている場合は、お客様サービスセンターに連絡しておくことをお勧めします。

また、カード内にJAL IC利用クーポンのチャージが残っている人は、クーポンの有効期限内に使い切るか、手続き終了後6ヶ月以内に口座戻しを行なってから、カードにハサミで切れ込みを入れて処分してください。

口座戻しとは、一度チャージしたJAL IC利用クーポンを、所定の手続きによりJAL IC利用クーポン口座へ再び戻す事を言います。
カードの解約をすると、JALカード家族プログラムも自動的に退会となるため、合算しての特典交換が出来なくなるので注意してください。

積算マイルは、手続き終了後も引き続きJALマイレージバンクにて利用することができます。
以上の点に注意して、手続きに入りましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:JALカード

このページの先頭へ