JALのVISAカードの大きな魅力はマイルが貯まりやすいことです

JALのVISAカードの大きな魅力は、なんといってもマイルが貯まりやすいことです。
まずは、乗った距離と航空券の運賃に応じてマイルが貯まり、搭乗につき区間マイルの最大25パーセントがプラスになり、しかも毎年始めの搭乗には最大2000マイルのボーナスが付きます。

また、ショッピングごとにもマイルが貯まります。
基本的には100円ごとに1マイルで、特約店なら100円ごとに2マイルが付きます。
これらはJALのVISAカードに付くサービスですが、DCカードのサービスも利用することができ、DCハッピープレゼントのポイントとしても貯めることが可能です。

貯まったポイントは、5ポイントごとに1DCハッピーポイントとして換算し、DCギフトカードなどのお好きな商品と交換できます。
このように、メリットの多いJALのVISAカードですが、デメリットを挙げるとすれば年会費がやや高いことです。

普通カードは、入会後1年間は無料ですが、それ以降は本会員2100円、家族会員1050円となっており、CLUB-Aカードは、本会員10500円、家族会員3675円、CLUB-Aゴールドカードは本会員16800円、家族会員が8400円となります。

CLUB-Aゴールドカードの年会費はかなりの高額となっているものの、このカードを持っていれば、最高補償5000万円の国内、海外旅行傷害保険がつき、国内の主要空港のラウンジを無料で利用できるサービスが提供されます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:JALカード

このページの先頭へ