DCカードが発行するJALのカードについて

DCカードが発行するJALのカードについて説明をします。
まず、DCカードというのは、国内の信販会社のことです。
もちろん、日本国内のみならばこのカードブランドだけでも通用するのですが、海外ではこのブランドは通用しません。

そこで、MasterかVISAいずれかの国際クレジットカードブランドをしっかりと搭載しています。
この信販会社では、JAL関係のクレジットカードを3種類発行しています。
普通のカードとゴールドカード、そしてその中間くらいのカードです。

普通のカードの場合、本会員の年会費は2,100円で、家族会員の年会費は1,050円です。
しかし、初年度は年会費が無料となります。

中間のカードの場合は、本会員の年会費が10,500円で、家族会員の場合は年会費が3,675円です。
ゴールドカードの場合には、本会員の年会費が16,800円で、家族会員の年会費が8,400円となります。

次に、いずれのカードにも共通の事項について説明をします。
まず、ICチップが搭載されていますので、それに対応する端末が置いてあるお店では、キャッシュレスでお買い物をすることができます。

また、フライトでマイルを貯めることも可能です。
入会後に搭乗するとボーナスマイルがもらえますし、毎年、初回搭乗ボーナスももらえます。

そして、搭乗ボーナスマイルも、区間マイルに応じてその何パーセントかをもらうことができます。
ショッピングでもマイルが貯まりますので、用途と、使用頻度に合わせて3種類のカードから自分に合ったカードを申し込んでマイルをお得に貯めましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:JALカード

このページの先頭へ