JALは航空券の支払いにクレジットカードやコンビニといった様々な方法が利用できます

航空会社の一つとなる日本航空は、通称日航あるいはJALと呼ばれており、日本の航空会社の中では最大規模の国内・国際線乗客数を誇ります。
国内線は北海道から沖縄まで幅広い路線網を持ち、多くの利用者に使われています。

こういった様々な地域と行き来が可能なJALは、飛行機へ乗るために必要な航空券の支払い方法も多様です。

国内線利用での入金手段としては、クレジットカード、コンビニエンスストア、銀行・郵便局のATMなどの方法が挙げられます。
まずクレジットカードの場合、予約をしますとネット上からならクレジットカード番号を入力し、電話の場合は自動音声システムで番号を伝えます。

終わったら後はそのまま空港へ向かい、空港カウンターや自動チェックインの発券機などで搭乗券を受け取るだけです。クレジットカードで払って券を入手するには、基本的にカードを持っている人、もしくは同行人のみ利用可能ですが、予約時にセキュリティコード認証と本人認証サービスを利用すれば、搭乗者以外でも払うことができます。

また、コンビニでの入金は現金にて航空券の代金が払えるサービスで、30万円以下の支払いに限り、全ての利用者がこの方法を使って支払えます。
ATM払いも同じく、現金に加えキャッシュカードでの支払いが可能で、2つの方法とも電話やサイトでの予約後にそれぞれの場所で入金し、空港の発券機で券を受け取ります。

クレジットカード、コンビニ、ATMのどれも利用の締め切りは、航空券の購入期限が決まっている場合を除いて搭乗日当日までです。
JALは、利用者の環境に応じて色々な支払い方法が選べるので非常に便利だと言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:JALカード

このページの先頭へ