JALカードのPASMOは、ビジネスやレジャーで日本全国を股にかける人から重宝がられています

ICカードとはICチップが内蔵されたカードを指し、金融や流通サービス、交通運輸、情報通信、医療、教育、レジャー、行政など色々な分野で導入されています。
鉄道やバスの切符としての利用の他に、電子マネーとして買い物の支払い機能を備えたPASMOは、首都圏を中心に日本中の多くの人が利用しています。

中でも、オートチャージサービスの機能が付いたJALカードのPASMOは、ビジネスやレジャーで日本全国を股にかける人から重宝がられています。このカードは、相互利用を行う全国の鉄道・バス路線でも、改札機やバス車内の読み取り部にタッチするだけで利用が可能なので、旅行先や出張先でも切符を買う手間が省けて非常に便利です。

また、オートチャージサービスが付いているので、カードの残金が2,000円以下で駅の自動改札機にタッチして入場すると自動で3,000円がカードにチャージされます。
このため、現金をチャージする作業は必要なく、また残額不足の心配をせずに利用ができるのでとても便利です。

このPASMOのオートチャージサービスが対象となるJALカードはOPクレジットとTOP&ClubQで、また、これらのカードはオートチャージするとショッピングマイルが貯まるので、飛行機を頻繁に利用する人は1枚持っていて損はないと言えます。

この機能の利用にはサービス申し込みからおよそ4週間ほど時間がかかり、また申し込みできるクレジットカード1枚に付きオートチャージサービス機能付きPASMOは1枚となっているので、その点に注意してこの便利なカードを手に入れましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:JALカード

このページの先頭へ