JALマイレージ番号忘れは、インターネット照会や24時間自動音声応答サービスを利用して対処できますので心配は無用です

国内大手の航空会社である日本航空グループが提供するサービスの一つに、JALマイレージバンクがあります。
日本初のマイレージサービスを開始したことでも知られ、国内最大の会員数を持ちます。

旅行や暮らしの利用でマイルが貯まるので、JALグループや提携航空会社のフライトに使用したり、航空券の購入や電子マネーへの交換、選りすぐりの商品と交換できるなど、魅力的な特典に人気が集まっています。

会員のカード番号は7桁と9桁がありますが、7桁の会員は便宜的に00を番号の頭に付けて9桁とする場合もあります。
入会はオンラインで簡単ですし、入会金、年会費は無料です。

まず規約を読んで同意し、登録情報入力画面で氏名、住所、電話番号、eメールアドレスなどを入力後、再度確認画面でチェックすれば登録が完了します。
その際、入会と同時にお得意様番号が発行されますが、パスワードは、生年月日、電話番号、連続する数字、推測が容易な番号は避けましょう。

航空券の予約やお得なキャンペーン登録、会員専用メニューの閲覧に必要なJALマイレージ番号忘れは避けたいところです。
しかし、各種カードが何枚もあるとそれぞれ覚えておくのは難しいもので、JALマイレージ番号を忘れてしまった場合にはどうすれば良いのか、その対処法があります。

お得意様番号はJALカードに印字されていますので、パスワードを忘れた場合はインターネットで照会すれば、e-mailにすぐ返事が届きます。
また、JALマイレージ番号は24時間自動音声応答サービスを利用しての照会も可能で、1週間以内に登録してある住所宛てに郵送されてきますので心配は無用です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:JALカード

このページの先頭へ