JCBカードのゴールドカードは、旅行傷害保険が一般カードと比較すると3倍強の保障

JCBカードと一口に言っても、種類は様々あります。
全種類を説明することは難しいので、ここではふたつのカードを比較してみましょう。
まず初めは、JCB一般カードです。
このカードはJCBのスタンダードなカードとなり、特徴としては以下のものがあります。

まず、国内や海外の旅行傷害保険が付帯されていて、最高で3,000万円が保障されます。
また、通常なら1,312円の年会費がかかりますが、利用合計金額に応じて翌年の年会費が無料になります。

そして、海外でのショッピングでポイントが2倍貯まり、さらには、JCB ORIGINAL SERIESパートナーでもポイントを2倍貯めることができます。
この、JCB ORIGINAL SERIESパートナーとはポイント優待店のことで、音楽やファッション、旅行など、様々なジャンルのお店でりようすることができるのです。

続いては、JCBゴールドカードについてです。
文字通りゴールドカードですので、一般カードに比べてグレードがアップしています。
主な特徴としては、旅行傷害保険が最高1億円付帯していることが挙げられ、これは、一般カードと比較すると3倍強の保障となっています。

また、空港ラウンジ、ゴールドデスクが利用できる点も挙げられます。
ステイタスのあるカードですので年会費は高額になり、10,500円となっています。
JCBカードを選ぶ際は、自分に必要な内容のカードかを見極めて選択をすることが大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:JCBカード

このページの先頭へ