JCB加盟店に掛けられる手数料について

JCBなどをはじめとした、いわゆる信販会社が発行する様々なローンやクレジット関係のカードを利用する際には、カード手数料が発生します。
この手数料を支払うことで、初めて便利なサービスを利用することができるのです。

ただし、この費用に関しては、基本的にはカードを実際に利用できるように、信販会社と契約をした加盟店側が支払うことが原則となっています。

大きな店舗や支払いに余裕のある店舗ならまだ良いのですが、小さな商店などの場合、この費用がかなり大きな出費となってしまうため、これまではなかなかカード利用の専用サービスを導入できないという事態が生まれていました。

場合によっては、手数料をカードの利用者側に、商品やサービスの代金に上乗せして支払わせているという店舗もあり、こういった行為は利用規約に違反する行為でもあるため、信販会社も大変厳しい対応で望んでいます。

様々なカード会社の中で、比較的この費用が安く設定されているといわれているのが、いわゆるJCBと呼ばれる信販会社の発行するカードです。

他の外資系企業が運営する同種のカードとは違い、これらの加盟店に対してかけられる費用は比較的安く済むということもあってか、国内店舗における利用店舗数や顧客満足度は非常に高く、多くの店舗に支持され求められているという結果も、統計などから窺うことができます。

これからも、JCBによるサービスとネットワークがますます広がることが期待されているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:JCBカード

このページの先頭へ