JCBゴールドカードの付帯保険について

国内最大手のクレジットカードであるJCBのゴールドカードには、いくつかの保険が付帯されています。
まず真っ先に思い浮かぶものは、海外旅行保険だと思われます。

これは、旅行中に偶発的な外的要因によって損害を受けた際に、その損害を補償してくれるというもので、死亡障害や後遺障害などが主なものになります。
他にも、旅行中の障害による治療費用、疾病による治療費用の支給などのサービスが付帯されています。

これに加えて、JCBゴールドカードでは、万が一の際に別の補償をうけることも可能です。
その一つがショッピングガードです。

これは、会員が当該カードを用いて購入した物品が、購入日から90日以内に偶然の事故によって損害を被った場合に補償してくれるというもので、補償額は最大で300万円までとなっており、1回の事故につき免責料3000円の負担をする必要があります。

他にも、ライフアクシデントケア制度というものも付帯しています。
これには、空き巣被害見舞金と、犯罪被害傷害保険とがあります。
前者は、カード会員の住居に空き巣が入り、建物や家財に損害を被った場合に、警察署へ被害の届け出を行うことを条件に見舞金が5万円支払われるというものです。

後者は、第三者の故意による加害行為によって被害を受けた場合、もしくはひき逃げによって被害を受けた場合に受けることが可能です。
内容としては、死亡、後遺障害の際には最高1000万円、入院の際には日額7500円、通院の際には日額5000円支給となっています。

このように、JCBゴールドカードには損害補償の面で非常に有益なサービスが付帯されています。
もしもの時に備えて、一度その内容を確認しておくと良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:JCBカード

このページの先頭へ