JOMOカードは2013年7月31日をもって終了し、このカードに代わって展開しているのがENEOSカードです

JOMOカードとは、JX日鉱日石エネルギーが発行していたカーライフサポートカードの一種です。
カードの種類にはプラスとライトがあり、それぞれに違いがありましたが、2013年7月31日をもって取り扱いを終了しました。

代わりのカードにはENEOSカードやTカードなどがあり、ここではENEOSカードを例として見ていきましょう。
ENEOSカードにはC・P・SとNICOSの2種類があり、C・P・Sはその名の通り3種類のカードから成っています。

カードCはキャッシュパックタイプで、ガソリンと軽油が最大1リットルあたり7円引きで、年会費は本人会員が1,250円ですが初年度は無料となっており、家族会員は無料です。
カードPはポイントタイプのカードで、ENEOSならご利用額1,000円ごとに30ポイント、一般加盟店なら1,000円利用するごとに6ポイント付与されます。

貯まったポイントはENEOSで1,000ポイント1,000円にキャッシュバックができ、ポイントの有効期間は2年間で、年会費はCカードと同じく本人会員が1,250円、家族会員が無料となっています。

カードSはスタンダードタイプのカードで、ガソリンと軽油が1リットルあたり2円引きとなり、年会費はカードC、カードPと同様ですが、年1回の利用で年会費が無料になります。

その他に、NICOSカードはガソリンや灯油のキャッシュバックの他、ETCカードや海外でのキャッシング利用など幅広い利用方法が魅力です。
公式サイトでは自分にぴったりのカードを見つけるための診断コーナーが設けてありますので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:JOMOカード

このページの先頭へ