JOMOポイントカードに変わる新たなENEOSポイントカード

JX日鉱日石エネルギー株式会社はJXホールディングス傘下となる企業であり、主に石油製品の精製と販売を行う日本で最大手の石油売買企業です。

現在はJX日鉱日石金属となっていますが、2010年4月に新日鉱ホールディングスが経営統合してJXホールディングスとなり、それから同年7月にグループ内再編などが行われ、ジャパンエナジーと新日本石油精製を新日本石油が吸収合併したことによりJX日鉱日石エネルギーが発足されました。

事業は主に石油精製や販売部門に携わり、トルエンやベンゼンの石油化学製品、潤滑油、アスファルト、燃料油などの石油製品が挙げられ、石炭や液化天然ガスの輸入やエネファーム開発、電力小売り事業なども展開しています。

また、「エネルギーを、ステキに。ENEOS」をキャッチコピーとするガソリンスタンドがあります。「ENERGY」(エネルギー)と「新しい」という意味をギリシャ語で表した「NEOS」(ネオス)を合わせて、新しいエネルギーを表した「ENEOS」(エネオス)は有名で、こちらはサービスステーションを主としたブランド名に使われています。

そして、今まではジャパンエナジーによって展開されていた「JOMO」ブランドはJX日鉱日石エネルギーが発足されたことにより、順次「ENEOS」ブランドへと統合されています。

これにより、2013年7月をもってJOMOカードとJOMOポイントサービスは終了し、以降はENEOSカードが切替カードとして移行されています。
様々な店舗で使用でき、キャッシュバックやマイル、商品券などに交換の出来るENEOSカードを、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:JOMOカード

このページの先頭へ