「JOMO」は、現在「ENEOS」へと一本化され、JOMOスタンドで発行されていたJOMOカードはENEOSカードに切り替わっています

「JOMO」は、2010年に「JX日鉱日石エネルギー株式会社」が発足した事で消滅し、「ENEOS」へと一本化されています。

その為、JOMOスタンドで発行されていた「JOMOカードプラス」や「JOMOカードライト」についても、2013年7月31日をもってサービス終了となっています。
2013年8月1日以降、JOMOカードは全て利用できなくなっており、カードに付随するETCカードやQUICPayカード・モバイルについても利用する事はできません。

JOMOカードを取り扱っていた「トヨタファイナンス株式会社」では、JOMOカード保有者に、切替えカードとして「ENEOSカード」を送付する対策を行いました。
そして、その際、JOMOカードに登録の支払口座・暗証番号・保有ポイントなどのお客さま情報は、「ENEOSカード」に引き継がれています。

「ENEOSカード」には、「ENEOSカード・C」「ENEOSカード・P」「ENEOSカード・S」の3つのタイプがあり、自分の使用頻度などに合わせて選ぶ事が可能です。
トヨタファイナンスが発行する上記の3タイプの他には、三菱UFJニコスが発行する「ENEOSカード(NICOS)」があります。

「ENEOS」ではその他に、ガソリンスタンドでは唯一「Tカード」が使用できます。
給油や洗車、またオイルやタイヤにもTポイントが使えて貯まるのは、「Tカード」所有者にとって魅力的です。「Tカード」を利用する際には、必ず給油前(もしくは商品購入前)にカードを提示する事を忘れないようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:JOMOカード

このページの先頭へ