ライフカードの審査基準

ライフカードの申し込みをしたものの、審査に落ちてしまったという方もいらっしゃるでしょう。
一般的にクレジットカードの審査では、返済能力などがあるのかどうかを調べられます。

安定した収入がある会社員や公務員であれば、ほぼ落ちることはありませんが、過去に金融事故がある場合はそうとも限りません。
過去に返済を延滞していたり、まだ借り入れが残っていたり、破産したなど、そういったことがあると、安定した収入があっても通らない場合があります。

また、逆にアルバイトや派遣社員のような方でも、クレジットカードが作れる可能性はあります。
このように、審査基準は申し込んでみないと分からない部分があるのです。

もし、ライフカードに申し込んで審査が通らなかった場合、過去に返済を滞納したことなど、思い当たることがないか考えてみましょう。
ライフカードでそういった経験があるなら、落ちる可能性は高くなります。

また、ライフではそのような経験がないといった場合でも、提携している金融機関で滞納や破産などがあるとそれが原因になることもあります。
そういった破産などの経験がなければ、毎月収入があれば申し込むことは可能です。

今は、正社員以外の働き方も多く、アルバイトや派遣社員、契約社員など多様化しています。
正社員でなくても毎月それなりの収入があればクレジットカードを作ることはできますので、作れないのではないかと諦めるのではなく、いろいろと情報を収集してみましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ライフカード

このページの先頭へ