マイレージサービスと航空会社

マイレージサービスとはフリークエントフライヤーズプログラムのことで、航空会社が顧客囲い込み戦略として提供したサービスの一環です。

このマイレージサービスが提供されるまでは、普段仕事で航空機を使用するようなビジネスマンは、航空会社の選択をするというよりは、発着時間や乗り継ぎ時間といった選択肢で移動手段を決定していました。

しかし、航空会社から見れば、普段から使用してくれている顧客が他社へ乗り換えられてしまわないような戦略を取る必要があったのです。
そこで、航空会社はフリークエントフライヤーズプログラムを開始しました。

当該サービスは、飛行距離が一定の数値をクリアすると無料航空券に交換できたり、エコノミークラスからビジネスクラスへのアップグレードといった特典との引き換えるサービスを主としています。

更に、1年間においてある一定の飛行距離や搭乗回数をクリアすると、上級会員としてのサービスが提供されます。

一般的に、シルバー会員、ゴールド会員、プラチナ会員といった具合に、3つに区分された上級会員の制度を採用している航空会社が多いようです。
現在、航空会社の経営戦略として、フリークエントフライヤーズプログラムは一般的となっています。

しかし、新興の格安航空会社が登場し、既存の経営戦略では囲い込みが困難となった顧客もいます。
今後は、航空会社はマイレージサービスに、更にどのような付加価値を添付できるかという問題があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:マイレージ

このページの先頭へ