いいことだらけだったコンチネンタル航空のマイレージ

今回は、コンチネンタル航空のマイレージプログラムについて紹介します。
とは言っても、この紹介をしたところで、実際に役に立つわけではありません。
というのも、すでに存在しない会社で、現在は別の航空会社の名前になっているためです。

ただし、機体のデザインに関しては、そのままコンチネンタル航空のものを採用しています。
この航空会社のマイレージプログラムは、とても優秀でした。
自社便はもちろんのこと、提携航空会社でも100パーセントマイルが加算されていたのです。

たとえ、その航空券が格安航空券だったとしてもです。
18ヶ月間の間にマイルの増減があれば、そのつどマイルの有効期限が18ヶ月間さらに延長されるということで、実質無期限のようなものでした。
特に提携クレジットカードを使っていた人にとっては、期限がないようなものです。

アメリカの航空会社らしくマイルの購入も可能で、1000マイルあたり32ドルで購入できました。
特典航空券まであと少しという時に、この仕組みは重宝しました。
そうやって獲得した特典航空券には、燃油サーチャージもかかりませんでした。

最近は、特典航空券にも燃油サーチャージをかける航空会社が多いので、これは嬉しいものです。
また、特典航空券へのハードルが低いのも、大きな特徴でした。
日本の航空会社を使った日本国内の特典航空券が、12000マイルからゲットできたのです。

国内であればどこでも構わないので、東京と沖縄を往復するという長距離でも12000マイルで良かったのでした。
このようなサービスを望む人は現在でも多いはずですが、価格競争などのあおりで実現は難しそうです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:マイレージ

このページの先頭へ