ノースウェスト航空のマイレージプログラムはワールドパークス

ノースウェスト航空は、かつて存在したアメリカの大手航空会社です。
2010年にアメリカの大手航空会社デルタ航空と経営統合して、存続会社がデルタ航空となりました。
この、フリークエントフライヤーズプログラムがワールドパークスです。

ワールドパークスは、年間飛行マイルが25000マイルで翌年のステータスがシルバーエリート会員になりました。
年間飛行マイルが50000マイルでゴールドエリート会員に、そして更に、年間飛行マイルが75000マイルになると、最上級会員のプラチナエリート会員になれました。

ノースウェスト航空航空は日本に多く乗り入れていた航空会社で、日本から韓国、中国といった東アジア、またタイ、シンガポールといった東南アジア、さらに、グアム、サイパンといったミクロネシア行きの便を持っていたため、日本からの利用者も多く、マイレージプログラムであるワールドパークスに加入している顧客が多かったです。

この日本からの路線はユナイテッド航空と重なっていたので、競争が働いていました。
マイルによる特典航空券が東南アジア路線は必要マイル数が極めて低く、エコノミークラスで20000マイル、ビジネスクラスで30000マイル、ファーストクラスでもたったの40000マイルで行けました。

なによりも、たったの40000マイルでシンガポール、バンコクまで行けるのですから非常に魅力のある特典航空券であったと言えるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:マイレージ

このページの先頭へ