コンチネンタル航空で貯めたマイレージを上手に管理しよう

コンチネンタル航空は、2012年に同じアメリカの航空会社であるユナイテッド航空と完全統合しその名を消しました。

しかし、統合されるまでは、コンチネンタルの名でアメリカ国内で幅広く路線網を張り巡らしていたのは勿論、日本からも、成田・大阪・名古屋・広島・福岡・札幌・仙台・新潟・岡山の9つもの都市から人気の旅行地グアムへ就航していたので、日本人にも大変馴染みの深い航空会社でもありました。

利用者も多かった事から、それまで展開していたワンパスというマイレージプログラムに入会していた方も多くいます。

そのワンパスマイルを貯めたままで使わず仕舞いになっていた方には既に通知が届いて周知されていますが、現在はユナイテッド航空のマイレージプラスに統合されています。有効期限が無期限であったコンチネンタルのプログラムに対しユナイテッドは保有マイルが増減された日から18ヶ月の有効期限があり、ワンパスもそれに統一されました。

つまり、航空券やアップグレード等にマイルを使うか減らす予定がない場合は、マイルを獲得すれば保有マイル全て18ヶ月延長できるという事になります。
また、しばらく飛行機に乗る予定がないから無理と諦める必要はありません。

マイルを貯めるにはフライトだけが手段ではなく、マイレージプラスモールという会員専用のサイトがありますので、そこからショッピングをすれば簡単にマイルが貯められ、有効期限の延長が可能です。コンチネンタル航空を愛用してマイルを沢山貯めた方なら、そのマイルを使う機会が来るまでしっかり管理しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:マイレージ

このページの先頭へ