航空会社ではマイレージというポイントプログラムがあり、その比較をしているサイトがあります

飛行機に搭乗するとマイルが貯まるとよく耳にしますが、これは各航空会社が行っているマイレージプログラムサービスのことで、いわゆるポイントが貯まるサービスのことです。

今やほとんどの人がクレジットカードを所有しており、マイルが貯まるサービス機能が付いているものも多く存在します。このサービスの利用者は頻繁に海外などへ旅行に行く人というイメージがありますが、海外旅行好きの人はもちろん、旅行には年に1回しか行かないという人でもマイルを貯める事ができます。

航空会社でサービスしているマイルは、搭乗距離に対してのポイントが加算されるという仕組みになっていますが、今は飛行機だけではなく、旅行やツアー、日常生活の支払いなどでも貯める事ができ、航空券と交換して旅行代を抑えたり、電子マネーやネットショッピングのポイントと交換できるカードも存在します。

主に航空会社でのマイルが一番大きな加算率になりますが、これを比較しているサイトがあります。
比較comというサイトでは、4大航空会社のマイレージをわかりやすく表にして比較しています。

ANAとJALは有効期限が3年で、ツアーのマイル加算率が50%で一般のマイル加算率が100%です。
メリットは提携のエアラインが多いことやツアーでも110%の加算率などが挙げられ、国際線のマイル加算率が低いことがデメリットと言えます。

デルタでは有効期限はなく、ツアーは100%、一般のマイル加算率は150%とマイルが貯まりやすく、国内のLCCでマイルがどんどん貯まり、カード加入だけで上級会員になれます。
こうしたサイトを上手く活用して、好みのマイルが貯まるカードを検討しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:マイレージ

このページの先頭へ