マイレージプログラムは各航空会社によって貰える場所やマイルの数は異なります

マイレージプログラムは、飛行機に乗ったり日常生活上でのショッピングの支払いで利用するとポイントが貯まっていくサービスのことです。獲得したポイントの使い道は、基本的に無料往復航空券の特典航空券となっていますが、それ以外にも、電子マネー、家電製品、グルメといった様々な商品との交換も行えます。

このプログラムはそれぞれ会社ごとのポイントサービスなので、自分が加入している所と異なるプログラムを利用しても貯められません。
例えばANAなら「ANAマイレージクラブ」、ユナイテッド航空は「マイレージプラス」などとなります。

これらの航空会社を例に内容を少し紹介しますと、ANAのプログラムは国内トップクラスの人気を持つマイレージサービスで、フライトは勿論、生活の様々なシーンでポイントが集められます。

フライトで貯める際に貰えるポイントは航空券の種類によって違いが見られ、割引運賃の場合は普通運賃の70~75%、ツアー運賃なら普通運賃の50%分獲得可能です。

さらに、提携レストランなどを利用する際に、ANAのマイルが貯まるカードを提示すれば通常の2~3倍もポイントが入ります。
一方のユナイテッド航空のプログラムは、特にフライトでのポイントの貯まりやすさが魅力の1つになっています。

航空券の種類を問わず、100%ポイントを入手できるためフライト利用時は、より効率的にポイントを貯めていけるでしょう。
マイレージプログラムは、それぞれの航空会社によって貰える場所やポイント数が違うので、自分の目的に合いそうな所を選択して利用しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:マイレージ

このページの先頭へ