多彩な保険が自慢の三井住友のプラチナカード

三井住友のプラチナカードの最大の魅力は、充実した保険サービスです。
まず、海外旅行傷害保険があり、通常のものであれば、傷害死亡などの重篤なケースでは手厚い補償となっているものですが、怪我や病気で治療する場合は対象外となる場合もあります。

しかし、このカードの場合そんな心配はなく、さらに補償が手厚い家族特約も付いてくるのです。

傷害死亡及び後遺障害の場合は最高1億円(家族特約は最高2000万円)、傷害治療費用は最高500万円(同最高500万円)、疾病治療費用の場合は最高500万円(同最高500万円)、賠償責任は最高5000万円(同最高5000万円)、携行品損害は最高100万円(同最高100万円)、そして救援者費用は最高500万円(同最高500万円)となっています。

また、海外だけではなく、国内旅行傷害保険もあり、傷害死亡及び後遺障害の場合は最高5000万円、入院保険は1日5000円、手術費用は最高20万円、通院の場合は1日2000円となります。

ショッピング保険も、最高年間500万円で、これは家族会員の方も対象です。
そのほかの保険では、国内および海外航空便遅延保険があります。

海外の場合は自動付帯、国内の場合は利用付帯となっており、乗継の遅れによる費用は最高20000円、出発の遅延や欠航による費用は最高20000円、手荷物の遅延は最高20000円、手荷物の紛失は最高40000円が補償されます。
このようにしっかりとした補償があるカードはそうはありませんので、お勧めしたい一枚です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:三井住友VISAカード

このページの先頭へ