三井住友カードの種類は、ゴールドカード、クラシックカード、ローンカードの3つあります

三井住友カードの種類は、ゴールドカード、クラシックカード、ローンカードの3種類があります。
ゴールドカードの年会費は10500円で、初年度は無料です。

このカードは、30歳以上で安定した継続収入のある方が入会することができ、ショッピング補償は最高300万円まで、海外、国内障害旅行保険の補償額は最高5000万円となっています。

クラシックカードも初年度の年会費は無料ですが、年会費1312円のものと1575円のクラシックカードAに分かれています。

ショッピング補償は両方とも最高100万円までで、利用可能枠や支払い方法なども同じですが、旅行障害保険が、クラシックAの方が高くなっている点に違いがあります。
ローンカードはさらに種類が分かれており、ゴールドローン、ゴールドローンカードレス、ゴールドローンプラス、ミニキャッシングの4つです。

それぞれの違いは、利用枠に利率、返済方法などが異なっており、ミニキャッシングは借りられるのが30万円までで利率が13.8パーセントと高く、ゴールドローンプラスは300万円までで利率は7.5から12.0パーセント、ゴールドローンとゴールドローンカードレスは500万円まで利率が4.5から9.8パーセントとなっています。

両者の違いは名前の通り、片方は「カードレス」なのでCDやATMでは利用できません。
インターネットやモバイル、電話での申し込みにより振込みをする形となります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:三井住友VISAカード

このページの先頭へ