その実績を見ても信頼のおける三井住友VISAカードですがTVCMではお馴染みの会社です

国内での旅行や買い物は勿論、海外では更に便利さを感じられるクレジットカードですが、その中でも、世界シェア率トップのVISAなら、どの場所でもどの場面でも通用する安心の一枚となるでしょう。

そんなVISAと日本で初めて提携した会社が三井住友カードで、年間取引高6兆円超、会員数2千万人超という、国内におけるVISA発行会社のけん引役という存在になっています。

クレジットカードを作りたいけれどどこにすれば良いか迷っているのであれば、この様な実績から見ても三井住友VISAカードを選んで間違いありませんが、一般的に会社の業績を具体的な数字で把握している人は多くはないでしょう。
しかし、CMではどうでしょうか。

色々なパターンのTVCMが放映されており、見返せば「これも知ってる」「それも見た事がある」と思うものばかりに違いありません。長年CMに起用されている中山エミリが出演する結婚スピーチ編では、新郎新婦に向かって月々の支払いを一定にできるリボ払いの良さをマスコット「ウリボー」と一緒に可愛らしく説明しています。

別のバージョンでは、初めて申し込んだカードを中山エミリ扮する配達員によって手渡された青年が、海外のカフェでカード払いをしようと店員を呼び止めますが、店員はまたも中山エミリで、満面の笑顔で振り返るというデビュープラスカードのCMもあります。

彼女の可愛らしさについ見とれてカード会社の名前を見落している方もいるかも知れませんが、言われてみればなるほどと思える程に三井住友VISAカードは親しみやすさを持てるカードなのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:三井住友VISAカード

このページの先頭へ