三井住友カードiDは更新する際に必ず新しい有効期限のカード情報をアプリに上書き登録する必要があります

電子マネーとは、あらかじめお金をチャージしておいたり、自動チャージしたりすることにより、現金やクレジットカードを使用せずに買い物ができるとても便利な電子通貨で、使用できる機会も場所も現代では増えています。

三井住友カードiDは、iD搭載の携帯電話やiD一体型のクレジットカード、iD専用カードを使用して、簡単にクレジット払いができるチャージ不要の電子マネーです。

事前のチャージが不要なうえに支払い時のサインも不要で、クレジットカード利用分と合算してポイントが貯まり、万が一の時はクレジット同様の会員保障制度があり安心できます。iD搭載の携帯電話とは、NTTドコモのおサイフケータイで利用できるものです。

一方、iD一体型のクレジットカードとは、三井住友のクレジットカードにiD機能を搭載したもので、カード1枚でVisaカードやMasterCardとして買い物ができる他に、iDとして幅広く使えます。iD専用カードとは、iDの機能のみが搭載された専用カードで、定期入れや財布などに入れたままで使えるカードになります。

携帯電話での使用の場合に注意する必要があるのは、更新の手続きです。
通常の三井住友クレジットカードは、有効期限が近づいた場合に更新カードが届き、更新するのに特に手続きは必要ありませんが、iDもクレジットカード同様に有効期限があり、期限が過ぎると利用できなくなります。

有効期限が近づいてきた時にカードが送られてきたり、アプリからお知らせが表示されたりした場合は、必ず新しい有効期限のカード情報を携帯電話のアプリに上書き登録する必要があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:三井住友VISAカード

このページの先頭へ