三井住友VISAバーチャルカードは、インターネット決済専用のカードです

三井住友VISAバーチャルカードは、インターネットでの決済専用カードです。
バーチャルカードはプラスチック製のカードでは存在せず、インターネット上で申込み・発行・決済を完結する仕組みとなっています。

しかし、三井住友では実物のカードを発行しています。
カードには会員番号、カード有効期限、名前、認証番号となるセキュリティーコードが記載されており、この認証番号は一部の通信販売で必要な場合があります。

三井住友VISAの特徴は、インターネット入会で初年度年会費無料、利用枠の範囲内で悪用された金額の補償、世界中のVISAインターネット通信販売店で買い物が可能という所です。年会費は300円で入会資格は満18歳以上の方、インターネット接続可能の環境があり、メールアドレスを持っている方が対象になります。

利用については、インターネット通信販売店や、インターネットプロバイダー利用料の支払いに限られており、その為、一般の店舗での利用は出来ません。
一般カードは旅行傷害保険が付いていますが、バーチャルカードには付いていませんから、旅行に行く機会が多いのであれば違うカードをお勧めします。

カードの総利用可能枠は10万円でカードショッピング利用枠は10万円、リボ払い・分割払い利用枠も10万円までの設定です。安心して利用出来るよう、このように低い金額設定になっています。また、支払い方法は1回・2回、ボーナス払い、リボ払い、分割払いから選べ、家族カードを申込む事も出来ます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:三井住友VISAカード

このページの先頭へ