小田急鉄道の取り組みと魅力

小田急鉄道は1923年に創立・開設し、現在では新宿駅~小田原駅までの小田原線、相模大野駅~片瀬江ノ島駅までの江ノ島線、そして、新百合ケ丘駅~唐木田駅までの多摩線の3つの路線が営業している日本を代表する私鉄の1つです。

その小田急鉄道には、通勤路線としての役割と観光を目的とした利用の2つの性格を持ち合わせています。
数多くの路線が乗り入れする新宿駅の他にも、代々木上原駅では東京メトロ千代田線と直結しているため、霞ヶ関駅や大手町駅などのビジネス街へのアクセスも容易です。

また、下北沢駅では京王井の頭線と連絡ができ、渋谷駅方面への運行もしているため、首都圏への通勤に利便性の高い交通機関となっています。

さらには、ラッシュ時の混雑緩和のための複々線化事業も2017年の完成を目処に工事が進められ、それと同時に連続立体交差事業も展開しており、現在では東北沢駅~和泉多摩川駅間の39の踏切がこの事業により全て廃止になり、交通渋滞の緩和に留まらず周辺の安全性も向上しました。

観光面では、小田急ロマンスカーなどで小田原、江ノ島各方面への観光客の需要に応えています。

小田急鉄道の沿線には、江ノ島や鎌倉、そして箱根などといった観光名所が豊富にあり、それらに合わせた「フリーパス」や「クーポン」などのチケットが販売され、旅行者に愛用されています。

この他にも、若者に人気の下北沢駅や、年齢を問わず活気が溢れる町田駅など「住む・暮らす・遊ぶ」が渾然一体となっている魅力的な駅です。
通勤にも観光にも利用され、そして地域の人々や環境にも配慮し、また、安全性をも追求し続ける小田急鉄道は、多くの人に支持されている鉄道と言えるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ