多彩な小田急ポイントカードの年会費の違い

多種多彩な小田急ポイントカードは、どれをとっても魅力的なサービスや特典が満載です。
しかし、選択肢が多いということは、自由に選べると同時に、どれが自分に合っているか迷うこともあります。

その場合、年会費の金額は、選択基準として重要な項目になるでしょう。
小田急ポイントカードは、大きく分けて「OPクレジット」「OPクレジット ゴールド」「JALカード OPクレジット」「OPポイント専用カード」の4種類があります。
この中でクレジット機能が付いていないのは「OPポイント専用カード」だけですが、ポイント加算率は他のカードと同じく10%です。

そして、年会費については、それぞれに適用条件と設定金額の違いがあります。
「OPクレジット」は525円ですが初年度は無料で、2年目からは前年度にクレジットでの支払いが1度でもあれば、翌年度も無料になります。

「OPクレジット ゴールド」は10,500円で、ただし2年目以降は本会員、もしくは家族会員合わせての支払いが200万円を越した場合、翌年度は本会員、家族会員ともに無料となります。
「JALカード OPクレジット」は、「普通カード」「CLUB-Aカード」「CLUB-Aゴールド」とさらに分かれていて、年会費もそれぞれに違いがあります。

「OPポイント専用カード」は年会費は無料で、入会時だけ100円の手数料が必要です。
注意点として、翌年度が無料にならないケースがあり、現金での支払い、カードローン、そしてキャッシングサービスの利用はそれに当たります。

また、「JALカード OPクレジット」でも、すでにJAL会員になっている人は「普通カード」の入会1年間が無料となるサービスは受けられません。
小田急ポイントカードを申し込む際には、サービスや特典の違い、また年会費などの金額や条件なども比較検討し、自分に合ったカードを選ぶことが大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ