小田急電鉄の株主優待について

小田急電鉄は、関東南西地域を地盤とする鉄道事業を行う会社で、鉄道路線は小田原線・江ノ島線・多摩線・その他の営業線があります。
鉄道以外でも、商業施設の運営や、商業・サービス施設の開発にも取り組むなど、生活サービス事業も行っています。

1,000株以上の所有者には、その保有数によって優待乗車証や優待割引券が半期に一回贈られ、1,000以上で優待乗車証3枚と、200以上のグループ関連施設でショッピングや宿泊・食事などに使える優待割引券が綴られた冊子が送付されます。

3,000以上では10枚、5,000以上で20枚、1万以上で40枚というように、優待乗車証の枚数が増えていきます。

そして、3万になると優待乗車証が30枚と定期券式の優待乗車証が1枚、ゴルフ施設割引券と9月末時点の保有者にカレンダーが贈られます。
さらに、6万以上では、優待乗車証30枚と小田急線および小田急バス共通の定期券式優待乗車証が1枚送られます。

これらの乗車証や割引券は、3月31日現在の株主に対しては5月下旬に、9月30日現在の株主に対しては11月下旬に送付されます。
また、5月下旬に発送分は11月30日まで、11月下旬発送分は翌年5月31日までが有効期限となっています。

ちなみに、優待乗車証は回数券式が1枚500円相当、定期券式が1枚6万円相当です。
これらの優待制度については、総務部文書担当者が問い合せ窓口となっていますが、株式の購入に関しては証券会社へ相談すると良いでしょう。
小田急電鉄を頻繁に使用されている方には、特に見逃せない優待となっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ