オリコカードのリボ払いの特徴

オリコカードには便利なリボ払いがあります。
月末の利用残高に応じた毎月の返済金額を、27日に口座振り替えで支払えるサービスで、正確にはリボルビング払いと言い、月々の支払いを一定にする事から、家計が管理しやすい利点が魅力です。

ただし、商品毎に支払い回数や期間を設定出来る分割払いとは違って、支払い残高がある限り支払いが続く為、どの商品の支払いが終わったのか分からないという面があります。

無計画に利用すれば、支払いが困難になる場合も考えられます。
クレジットカード会社によって種類や利用方法も様々なので、仕組みや手数料等の細かい所を確認してから使うのが賢い方法です。オリコカードのリボ払いは、利用残高(月末の残高)によって毎月の返済金額が決まっています。

例えば、10万円以下は3,000円、10万1円から20万円は6,000円、20万1円から30万円は9,000円という設定です。
手数料の料率はカードの種類で違い、オリコカードは15%、ジュエルジー・ラブザアース・プレミアムゴールドiD・iGoldが11.52%、TheGoldが10.2%の料率となっています。

この他には、キャッシングリボ払い変更というサービスがあります。
これはクレジットカードやローンカードで利用したキャッシング1回払いの支払いを、後からリボルビング払いに変更するサービスです。

例えば、最初にキャッシングで1回払い3万円を利用すれば翌月に一括で支払いですが、リボルビング払いを利用すれば、月々1万円の設定で3ヶ月一定の支払いになります。手数料は掛かりますが、急に支払いの負担が大きくなるという事は避けられます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:オリコカード

このページの先頭へ