PASMOは電車などの交通機関の運賃だけではなく電子マネーとしても利用可能

PASMOとは、事前にチャージした金額分をバスなどの運賃の支払や、商店などでの代金支払ができる電子マネー機能を有したカードです。
オートチャージ機能が付いているものや、クレジットカード一体型のカードも発行されています。

まず1番のメリットとしては、現金を持たなくても電車などの交通機関を利用できることです。

地下鉄や私鉄、バスなど交通機関が違っても1枚のカードを全ての交通機関で使えます。
そしてチャージ機能を使って事前に入金しておけば、運賃の心配をすることなく安心して電車に乗ることができます。

またバスを利用するとポイントが付き、バス運賃として還元されるお得なサービスもあります。
次にチャージ残高を運賃としてだけでなく、電子マネーとして買い物の清算などに使えることも魅力の1つです。

買い物をした際には、レジの横に置いてある読み取り機に接触させることで決裁が行われ、利用はPASMOマークのあるお店や、自動販売機などでも使えます。
チャージされた残高は、券売機やバスの営業所などで表示や印字させることができます。
またネットでも履歴の確認ができます。

そしてPASMOにはオートチャージサービスという便利なサービスもあります。
オートチャージサービスとは、チャージ残高が設定した金額より少ない状態で改札を通った場合に、自動的にチャージしてくれるというものです。
金額は自由に設定でき、わざわざ券売機に並んで入金する手間を省いてくれます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:PASMOカード

このページの先頭へ