PASMOは駅の券売機で購入可能です

PASMO(以降パスモと表記します)を持っていると、電車やバスなどに乗る時、その都度料金を支払う必要が無いためとても便利です。
特に急いでいる時、すぐに電車が来てしまうというときなど、券売機が混雑していると焦る事が有ります。

こんな時もパスモを持っていればそのまま自動改札を通り電車に乗る事が出来るのです。
パスモの買い方は、駅などの券売機を利用して購入する事が出来ます。
パスモには、プリペイド型とオートチャージ機能付きのタイプがあります。

プリペイド型とオートチャージの違いは、残高が少なくなった場合その都度自分でチャージを行うのがプリペード型で、クレジットカードで入金を行うのがチャージ機能付きのパスモとなります。
また、パスモには無記名と記名の2つがあります。

無記名は誰もが使えるもので、他の家族が持っているパスモや友達から借りたパスモを利用出来るタイプです。
一方記名でのパスモは、利用者の個人情報を必要とするもので、本人以外の人が利用できないタイプです。

パスモの購入の仕方は、プリペイド式の場合(記名、無記名どちらも)であれば駅の券売機で買う事が出来ます。
購入する時は、1000円、2000円、3000円、4000円、5000円、10000円の6種類の中から選びます。

また、それぞれの金額の中にはデポジットが500円分含まれています。
そのため実際利用出来る金額は、それぞれの金額から500円を差し引いた額となります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:PASMOカード

このページの先頭へ