PASMOとクレジットカードが一体になっているタイプ

PASMOカードをオートチャージ機能を利用して使用したい場合は、クレジットカードが必要となります。
オートチャージ機能を利用出来るのは、クレジットカードと一体になっているタイプとそれぞれが独立しているタイプの2種類があります。

どちらを選ぶのかはその人の考え方により選択は変わります。
また、交通事業者系のカード、パスタウンカードなどから選択となり、カード会社により年会費が必要となったり、無料となるので、これも選択肢として考えておく必要があります。

また、カードを利用する事でクレジットのポイントを貯める事が出来るのも魅力の1つ。
200円毎に1ポイントがたまり、貯まったポイントを利用出来るのはカードを持つ人の特権でもあるのです。
電車に乗れば乗るだけポイントが貯まるのですから凄いことです。

クレジットのカード、様々なお店のポイントカード、銀行のカードという具合にとかくお財布の中には様々なカードが増えていくわけです。
その点、クレジットのカードにPASMOの機能が付いている1枚のタイプは、カードを沢山持つ人には嬉しいサービスかもしれません。

それほど頻繁に使うものではなくても、お財布のなからカードを取り出して自動改札機で利用をします。
急いでいる時にしまったつもりがつい落とすと言う事も無いわけではないのです。

その為、お財布のカード枚数を減らすという考えでもPASMOとクレジットカードを別々に持つよりも、一体型のタイプを持つことがリスクヘッジになります。
電車やバスの公共交通機関を利用する機会のあり、クレジットカードを持っている方は、一体型対応をお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:PASMOカード

このページの先頭へ