PASMO定期券にオートチャージ機能を付けるためにはクレジットカードが必要

定期券には磁器定期券とPASMOなどのカード式があります。
どちらも同じ定期券になるのですが、PASMOをオートチャージ機能を付加させたものにすると、チャージをする手間が省けてとても便利です。
電車などに乗る時、切符を購入するために自動券売機を利用します。

行き先を調べて料金を確認し、財布からお金を出し、そして切符を購入するわけです。
自動券売機が混雑していて並んでいればそれだけ購入するのにも時間が掛かります。
電車の発車の時刻が間近に迫っている時など、乗り遅れたくないあまり焦る事もあるでしょう。

しかし、カード式のものを利用すれば、自動券売機で切符を購入する必要はありませんし、そのための現金も不要となり、このカード式の物は、一定の金額がチャージされている事が前提条件としてあります。

カードの残高が初乗り乗車料金を下回っている場合、自動改札が開かず、先に進む事が出来ません。

この場合は自動券売機に設置されているチャージ機でチャージを行ってから、自動改札を通過することになり、また、改札を出る際、カード残高が利用料金よりも少ない場合も通過する事が出来ません。
この場合は自動清算機で不足分をチャージして自動改札を通る事になるのです。

このように、チャージされている残高によっては不便になる事もあります。
しかし、オートチャージ機能を付加させる事でその都度自動的にチャージされますが、この機能を利用するためにはクレジットカードが必要となります。
興味がある方は導入を検討してみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:PASMOカード

このページの先頭へ