便利なPASMOのオートチャージ

PASMOは現金を必要とせず、電車やバスに乗れる電子マネーですが、通常利用する時は、取扱可能な券売機などでチャージをして利用します 。
チャージは1,000円単位で行えるようになっていますので、とりあえず1,000円だけという利用も可能です。

乗車の際の料金の支払いは、自動改札機を出る時に清算がされます。
この時、料金が不足していると自動改札機で外に出る事が出来ませんので、清算機を利用してチャージを行ってから自動改札機を通る事になります。

また、電車に乗る時残高が不足している場合、例えば最低乗車料金を下回る金額しかチャージされていないと、自動改札機を通過する事が出来ません。
この場合は1,000円単位でチャージを行ってから乗車する事になります。

何度か乗り換えがある場合は、従来ですと路線図を探して目的の駅までの切符を買う必要がありましたが、PASMOならそういったことは不要です。
このように、PASMOは大変便利ではありますが、残高が十分でないと入金する手間が発生します。

しかし、オートチャージ機能があれば、その都度チャージを行う必要はありません。
この機能はクレジットカード払いを併用したもので、残高が少なくなると自動的にチャージされるので大変便利です。

例え残高がゼロに近くてもオートチャージ機能のPASMOならば自動改札機を通過した時に入金されるので、入場が可能となり、降車する時に不足していても自動でチャージされるため、自動改札機を通過する事が出来ます。
これによりスムーズに、より便利に電車を利用する事が出来るようになるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:PASMOカード

このページの先頭へ