PASMOカードは無記名式であれば誰もが使える

PASMOカードは、電車やバスなどに乗る時、カードにチャージされているお金を利用して乗車する事が出来ます。
メリットは、現金を使わずにカードで電車やバスに乗れる事で、急いでいる時など、切符を購入しなくてもカードを自動改札機に軽くタッチする事で乗車が可能になります。

PASMOカードには、無記名式と記名式のカードがあり、無記名式のカードは、誰もが使えるカードですが、記名式のカードの場合、購入する際に、氏名や年齢、性別、そして住所や生年月日などの情報が必要となることから、基本的に第三者に貸し出すことは出来ないルールになっています。

また、記名式のカードの場合、オートチャージ機能を利用する事で、チャージを行う必要がなくなります。
定期券にもこのオートチャージ機能を付ける事が可能ですが、オートチャージ機能を追加するためにはクレジットカードが必要です。

自動改札機を通過する時、残高が不足していたために自動改札機で足止めを食うと言う事は良くある話で、これは、カードにチャージされている金額が利用料金よりも少ない事で起きます。

この場合は券売機や清算機を使い、カードに利用料金をチャージすれば自動改札機を通り抜ける事が出来るようになります。

しかし、オートチャージ機能を利用すれば、電車に乗車する際にチャージすることなしに、いち早く乗車できるメリットがありますし、万が一お財布を忘れてしまってもこのカードがあれば電車などに乗る事が出来るので便利です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:PASMOカード

このページの先頭へ