PASMOオートチャージ停止はどうすればいいか

PASMOは、きっぷや財布代わりに使える電子マネーで大変便利なカードです。
1枚持っていれば、鉄道やバスのきっぷとして、加盟店では電子マネーとして買い物の支払いにも利用できます。

首都圏、仙台、新潟の各スイカエリアや、スイカ電子マネー加盟店でも、利用することができますし、鉄道のみではなく、移動でバスを日常的に使っているのであれば、スイカと別々で持つよりも、PASMOとして1枚に集約したほうが、すっきりして便利です。
1度作成すれば、現金をチャージすることで繰り返し使うことができます。

自動改札機は、定期入れなどに入れた状態で、読み取り部に軽くタッチするだけで通過できますし、PASMOはバスの乗り降りも、利用方法は電車と同じでタッチするだけです。
乗換時の精算も、改札機にタッチして通るだけで、自動精算してくれるので、別途精算するために並びなおしたりする手間がかからず時間の節約にもなります。

チャージ方法も簡単で、私鉄、地下鉄、バス車内、各スイカエリアでできるようになっています。

このチャージが手間である人のために、オートチャージ機能付のPASMOもあります。
しかし、この機能が不要になった場合、PASMOオートチャージ停止をしたいという時はどうすれば良いでしょうか。

この場合は、本人確認ができる公的証明書や免許証などをお持ちになって、PASMOの取扱事業者の駅へ申し込めば手続きが可能です。
ただし、支払い用のクレジットカードがパスタウンカードの場合は、パスタウンカードも退会しなければいけません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:PASMOカード

このページの先頭へ