PASMOのオートチャージ金額の変更内容

近年では、電子マネーの普及が進み、たとえば鉄道をよく利用する方の中にはPASMOを所持している方も多いと思います。

これを利用するためには、カードにお金をチャージしなければなりませんが、毎回毎回チャージされたお金がなくなるごとに券売機などを利用して入れるのも面倒だと感じる方も多いでしょう。
そういった方のために、オートチャージ機能というものがあります。

これは一定の金額を決め、PASMOに入っている額がそれを下回った場合、自動的にチャージしてくれるというサービスです。
申し込んだ際のデフォルト設定では、残額が2000円以下になると自動的に3000円がチャージされるようになっています。

しかし、利用する方によってはこの設定では多い、あるいは少ないと感じる方もいるでしょう。
そういった方は、その設定を変更することが可能です。
オートチャージの条件や金額の変更は、1000円から10000円の範囲内で、1000円単位ごとに設定することができます。

つまり、残額が1000円以下になったなら2000円チャージされるようにしたり、3000円以下になったなら5000円チャージされるようにすることが可能なのです。
ただし、オートチャージには上限があり、1日あたり10000円、一か月あたり50000円までで、この設定を変えることはできません。

これらの設定の変更は、ご利用の鉄道の各駅やPASMO取り扱い事業者などで可能なため、希望する方は申込書を貰い提出すれば、数日でサービス機能が付いたカードが発行されます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:PASMOカード

このページの先頭へ