PASMOは電車に乗る際やコンビニなどで使用可能なカードで、クレジット機能も付いたタイプですと利用時にポイントも貰えてお得です

ICカードとは、半導体集積回路と呼ばれる非常に薄いチップを埋め込んで情報を記録したカードのことで、ETCシステムやテレホンカードなどに使われています。
その中にはPASMOも含まれており、電車に乗り降りする際の改札機や、普段の食事やショッピングでの支払いといった色々なシーンで活用出来るカードです。

PASMOが使えるエリアは首都圏や仙台、新潟に札幌の各地域で、また電子マネーのSuicaと相互利用関係にあるため、Suicaが使用出来る店ならこのカードも使えます。さらに、全国各地に多く点在するコンビニのローソンやファミリーマート、サークルKサンクスといった所でも支払いに使えるので、手軽に利用出来て便利です。

こうした様々なシーンに用いられるカードを作るなら、電子マネー機能だけが付いた通常のPASMOより、クレジット機能も一緒に付いているタイプをお勧めします。
クレジット機能が付いたタイプですと、自動入金にてオートチャージポイントが付与されます。

また、クレジットカード発行元となる電車に乗れば、乗車するごとにポイントが貰えるものもあり、この乗車ポイントを取り入れているのは京王電鉄の「京王パスポートカード」や東京メトロの「ANA ToMeカードPASMO JCB」などが挙げられます。

オートチャージをしたり電車に乗ったりして貰ったポイントについては、カードの種類にもよりますが、PASMOに移行して使えるなど利用の幅は広いです。
カードを作るなら、ポイントも付けられるクレジット機能付きPASMOを使用してみませんか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:PASMOカード

このページの先頭へ