PASMOは電車やバスの乗降時に読み取り部にカードをタッチするだけなので便利で快適です

PASMOは公共交通機関の共通乗車機能と電子マネーの機能が付いたICカードでm電車やバスの乗降時に読み取り部にカードをタッチするだけなので、便利で快適です。バス車内での利用方法ですが、運賃前払い方式の場合は運賃機の読み取り部に乗車時にタッチして、降車時はタッチ不要です。

一方、運賃後払い方式の場合は、乗車時に乗車リーダーの読み取り部にタッチします。この際整理券を取る必要はなく、降車時に運賃機の読み取り部にタッチすれば、運賃がPASMOカードから支払われます。

運賃支払いの際にPASMOカード内の残額が不足した場合には、乗務員に申し出れば車内において1,000円単位で希望金額をチャージする事が出来ます。
チャージした上でIC運賃機の読み取り部にタッチすれば支払いが完了します。
また、現金で不足分の支払いをする事も可能です。

ただし、カード内の残額が10,001円以上の時のチャージは行えません。
バスのIC運賃機でのオートチャージは出来ないので、車内でのチャージは必ず乗務員に申し出ましょう。加えて、混雑時にはチャージの制限をするケースもあるので状況を見て申し出て下さい。

首都圏を中心とした一般路線や一部都市間の高速バスなど、PASUMOやSuicaを含む全国の交通系ICカードで利用が可能なので、交通機関をスムーズに利用出来ます。駅やバス営業所で購入出来るので、用途に合わせたカードを手に入れましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:PASMOカード

このページの先頭へ