VISAのプラチナ会員になるには審査が必要

日本においてクレジットカードのステータスとは、入会審査の難易度が高い入手困難なカードを持つ事で、社会的地位や資産状況、支払い能力が分かり、自身の信用力を表します。ですから、ステータスが高くなる程入会審査が厳しいのは勿論、その利用枠も大きいという特徴があります。

その中でも最高位にあるブラックカードは、ゴールドカードやプラチナカードなどステータスの高いカードを利用し、尚且つカード会社から優良会員としてインビテーションを受けた選ばれた人だけが手にする事ができる高額年会費のプレミアムカードです。

ゴールドカードのワンランク上のカードであるプラチナカードの場合は、主として2つの取得方法があります。
1つ目は他のクレジットカードと同様に申し込みから会員になる方法で、2つ目はカード会社からのインビテーションです。

これは発行会社ごとに方法が異なるので、入会したいカードがインビテーション制の場合は入会できないケースがあります。申し込みで会員になれるカードの1つに三井住友VISAプラチナカードがあり、国内の有名ホテル・旅館に優待価格で宿泊できるほか、部屋や料理が自動でアップグレードする特典が付いています。

さらに、空港ラウンジの無料利用や手荷物無料配送といった、快適な旅行を手助けするサービスも充実しており好評です。さらには、国内およそ700の高級レストランに2名以上の利用で1名分が無料になるクーポンや、各種割引等をブランドごとに用意しています。カードの審査基準は非公開ですが、魅力的なサービスを誇るカードです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プラチナカード

このページの先頭へ